ROG Phone 6 Proのおすすめケース・カバー・フィルム特集

ASUSから2022年10月に登場した「ROG Phone 6 Pro」で使えるおすすめケースや液晶保護フィルムをまとめてみました。

ROG Phone 6 Proは、超高性能なゲーミングスマホです。価格が高いので端末が壊れないようにしっかりケースとフィルムで保護しておきましょう。

というわけで各ネットモールで評判の良いケースやフィルム、過去に筆者が使って良かったメーカーの製品を中心にピックアップしていきます!

スマホケースの種類と選ぶメリット

スマホケースはいくつかのタイプに分かれており、それぞれのタイプに使うメリット・デメリットがあります。ざっくりとスマホケースの種類と選ぶメリットについて紹介しておきます。

ハードケースのメリット・デメリット

ハードケース

ハードケースはポリカーボネート素材の硬いケースです。

ハードケースはかなり丈夫なので、傷や衝撃に強いです。また表面が硬いのでデザインをプリントすることができます。ソフトケースのような柔らかい素材にはプリントが難しいので、デザインをプリントできるというのは、ハードケースを選ぶメリットの一つと言えるでしょう。

デメリットは、滑りやすいことです。ソフトケースと違って表面がツルツルなので、ポケットやカバンから取り出す際に滑って落としてしまうことがあります。

ソフトケースのメリット・デメリット

ソフトケース

ソフトケースはシリコン素材やTPU素材の柔らかいケースです。

ソフトケースは手触りが良くて滑りにくいので、ハードケースのように滑って落としてしまうことが少ないです。

また柔らかい素材なので衝撃を吸収してくれるので、落下時の衝撃にも強いのが特徴です。

ただし素材の性質上長い間使うと黄色く変色するので、使えば使うほど見た目が汚くなっていきます。

手帳型ケースのメリット・デメリット

手帳型ケース

手帳型ケースは合革や本革素材の見開きタイプのレザーケースのことです。

スマホを使うときは手帳のように開いて使います。ハードケースやソフトケースと違って前面も保護してくれるのがメリットです。ディスプレイに傷が付きにくくなります。

また収納機能やスタンド機能など便利な機能を搭載した製品が多いです。

デメリットは分厚くてポケットに入れにくいことです。

ROG Phone 6 Proのおすすめケースカバー4選

ROG Phone 6 Proのおすすめケースカバー

ROG Phone 6 Proのディスプレイサイズは「6.78インチ」で、端末サイズは「77 × 173 × 10.4 mm」です。

他のROG Phoneシリーズとはサイズが違います。製品を間違えないように名称に注意しましょう。必ずROG Phone 6 Proの専用ケースを選んでくださいね!

というわけで早速ROG Phone 6 Proで使えるおすすめケースやフィルムを紹介していきます。

For ROG Phone 6 Pro ソフトケースクリア Singhai(ROG Phone 6 Pro ケース)

こちらはTPU素材のソフトケースです。

TPU素材はシリコン素材より硬いソフト素材です。コストが安く滑りにくいので人気の素材となっております。

ただしハードケースと違ってスマホリングを付けにくいというデメリットがあるので、スマホリングを付けようとしている方は注意が必要です。

  • TPU素材のソフトケース
  • 耐衝撃性能が高い
  • 滑らないから落としにくい

LCEHTOGYE 強化ガラスフィルム付きソフトケース(ROG Phone 6 Pro ケース)

こちらもTPU素材のソフトケースです。

ただしこちらは強化ガラスフィルムが1枚セットで付いてきます。価格は安いですが配送料が少し高いので注意。

  • TPU素材のソフトケース
  • 滑りにくいので落としにくい
  • 耐衝撃性能が高い
  • 強化ガラスフィルム付き

Shantime 全体を保護する手帳型レザーケース(ROG Phone 6 Pro ケース)

こちらは手帳型のレザーケースです。

手帳型ケースは全体を保護してくれるので、前面にも傷が付きにくくなります。

スタンド機能が搭載されているので、スマホを横向きで固定できます。動画視聴の際に重宝します。また内ポケットにカードやお札を収納できるのでかなり便利です。

普通のケースよりも厚みが出てしまうのがデメリットですが、利便性がかなり良いので正直手帳型ケースが一番おすすめです。

  • 手帳型のPUレザーケース
  • 全体を保護する
  • スタンド機能搭載
  • カード収納機能搭載

Madoats ワニ革風 手帳型レザーケース(ROG Phone 6 Pro ケース)

こちらもまた手帳型のレザーケースです。

こちらはワニ革風のデザインとなっており、いくつかカラーバリエーションも用意されております。

  • 手帳型のPUレザーケース
  • 全体を保護する
  • スタンド機能搭載
  • カード収納機能搭載

液晶保護フィルムの種類と選ぶメリット

ケースと同じようにフィルムにも種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

光沢フィルムのメリット・デメリット

光沢タイプは透明度が高いので画面が綺麗に映るフィルムです。このあと紹介する反射低減タイプよりもツルツルしているので指紋が目立つのがデメリットです。また光の映り込みがあるので、外でスマホをよく使うという人には不向きかもしれません。

反射低減フィルムのメリット・デメリット

反射低減タイプは光の映り込みを低減するフィルムです。表面がザラザラしており透明度が低いので、屋外での使用に向いています。

ガラスフィルムのメリット・デメリット

ガラスフィルムは光沢フィルムの強化バージョンと言った感じで、透明度の高さが特徴です。また細かい傷などが付きにくいのもメリットとなります。

ただし横からの衝撃に弱いので、フィルムを貼る時は注意しないといけません。

ROG Phone 6 Proのおすすめ液晶保護フィルム4選

というわけでROG Phone 6 Proのおすすめフィルムを紹介します。

PDA工房の光沢フィルム(ROG Phone 6 Pro フィルム)

こちらは色んなスマホで人気のメーカー「PDA工房」の液晶保護フィルムです。

こちらの製品は光沢タイプのフィルムなので、何よりもスマホの画面を綺麗に映してくれます。

  • 光沢タイプの液晶保護フィルム
  • 画面が綺麗に映る

PDA工房の反射低減フィルム(ROG Phone 6 Pro フィルム)

こちらもまたPDA工房の製品です。

こちらのフィルムは反射低減タイプなので、光の映り込みを低減します。外でスマホをよく触るという方におすすめです!

  • 反射低減タイプの液晶保護フィルム
  • 光の映り込みを低減する

PDA工房のブルーライトカットフィルム(ROG Phone 6 Pro フィルム)

こちらもまたまたPDA工房の液晶保護フィルムです。

光沢タイプのフィルムですが、ブルーライトカットを低減してくれます。ブルーライトは視界のちらつきや目の疲れの原因と言われているので、こちらのフィルムを使えば目の疲れが軽減します。

ブルーライトカットフィルムは、寝る前にスマホをよく触ると言う方や長時間動画視聴をする方におすすめのフィルムです。

  • 光沢タイプの液晶保護フィルム
  • 光の映り込みを低減する

PDA工房のプライバシーフィルム(ROG Phone 6 Pro フィルム)

こちらもまたまたPDA工房の液晶保護フィルムです。

こちらは「プライバシーフィルム」と呼ばれるタイプで、横からののぞき見を防止してくれます。

電車通勤や通学の方におすすめです。

  • 反射低減タイプの液晶保護フィルム
  • 光の映り込みを低減する
  • 覗き見防止